池の平湿原の植物

長野県池の平湿原浅間山系の高層湿原です.

四季折々の高山植物が観察できます.

私が訪れるのは夏の限られた期間ですが観察できた花をご紹介いたします.

ツマトリソウ

サクラソウ科

亜高山~高山の針葉樹林の林床などに生える.

6~7月上旬くらいに見られる.

 

2007年6月30日撮影

イワカガミ

イワウメ科

岩場や岩の上に好んで生える.

6月に見られる.

 

2007年6月30日撮影

ゴゼンタチバナ

ミズキ科

原生林や日のない湿地を好む.

葉が6枚のものは花がつくが、葉が4枚のものには花がつかないともいわれている.

私の観察でも葉が4枚のものに花が咲いていたことはない.

6~7月上旬に見られる.

 

2007年6月30日撮影

シロバナヘビイチゴ

バラ科

登山道脇や山地の草原に生える多年草.

通称「モリイチゴ」とも呼ばれる.

6月に見られる.

 

2007年6月30日撮影

 

レンゲツツジ

ツツジ科

湯の丸高原のレンゲツツジは国指定天然記念物になっています.

150万株のレンゲツツジは圧巻です.

6月に見られます.

 

2007年6月30日撮影

サラサドウダン

ツツジ科

6~7月に見られる.

尾根沿いに多いように見受けられる.

 

2007年6月30日撮影

ベニバナイチヤクソウ

イチヤクソウ科

亜高山の針葉樹林内に生える.時に大群落を作る.

6月

 

2007年6月30日撮影

 

ミヤマハンショウヅル

キンポウゲ科

つる性の植物で、林縁や登山道の脇などに見られる.

6月に見られる.

 

2007年6月30日撮影

ハクサンチドリ

ラン科

亜高山~高山の草原に生える.

名前は発見地の石川県白山にちなむ.

6月に見られる.

 

2007年6月30日撮影

 

スズラン

ユリ科

山地の草原に生える.

可憐な姿からファンも多く、盗掘されることもしばしばである.

6月に見られる.

 

2007年6月30日撮影

 

オオバギボウシ

ユリ科

山地の湿った林内や草地に生える大型の花.

7月に見られる.

 

2010年7月18日撮影

イワオトギリ

オトギリソウ科

オトギリソウの高山性種.次種のシナノオトギリと似ているが、本種の方が背丈が低いこと、葉の縁に黒色点がないことなどで区別できる.

 

2010年7月18日撮影.

シナノオトギリ

オトギリソウ科

歩道沿いや林縁で見られる.

7月に見られる.

 

2010年7月18日撮影

シロバナハナニガナ

キク科

日当たりのよい草原などに生える.

主に8月に咲く.

舌状花の少ない良く似た「シロニガナ」というのもある.

 

2010年7月18日撮影

カラマツソウ

キンポウゲ科カラマツソウ属

山地の草原などに生える.

 

高山に特化したミヤマカラマツソウというのもあるが、葉の切れ込みなどで区別可能.

 

2010年7月18日撮影

マツムシソウ

2010年7月18日撮影