ウンカ・アワフキ・ヨコバイ・ツノゼミ・ハゴロモ・キジラミ

ホソミドリウンカ

ウンカ科ホソミドリウンカ亜科

学名:Saccharosydne procerus(Matsumura)

体長:6mmくらい

寄主植物:マコモ

 

千葉県市川市大町「大町公園自然観察園」

2010年6月27日撮影

クワキヨコバイの一種

ヨコバイ科カンムリヨコバイ亜科

学名:Pagaronia sp.

 

長野県東御市「池の平湿原」

2010年7月18日撮影

 

クワキヨコバイの仲間は、埼玉大学の林正美教授のグループの研究などで、日本では150種もの種類が分かってきました。識別の難しいグループです。

フタテンオオヨコバイの一種

ヨコバイ科カンムリヨコバイ亜科

学名:Epiacantus sp.

 

長野県上田市真田町「菅平湿原」

2010年7月19日撮影

 

フタテンオオヨコバイにも近似種が何種類かいますので、フタテンオオヨコバイの一種としました。

ツマグロオオヨコバイ

ヨコバイ科オオヨコバイ亜科

学名:Bothrogonia ferruginea (Fabricius)

 

千葉県富津市金谷「鋸山」

2011年4月19日撮影

 

 

葉の上に止まっているのはウシカメムシ

クロヒラタヨコバイ

ヨコバイ科クロヒラタヨコバイ亜科

学名:Penthimia nitida Lethierry

体長:5~6mm

各種広葉樹に見られる.

 

アジサイの葉上にて.

千葉県市川市大野2丁目「大野緑地」

2011年4月24日撮影

マルアワフキ

アワフキムシ科

学名:Lepyronia coleoptrata (Linnaeus)

体長:8~9mm

 

 

長野県上田市真田町「菅平湿原」

2010年7月19日撮影

ハマベアワフキ

アワフキムシ科

学名:Aphrophara maritima Matsumura

体長:10~11mm

分布:北海道・本州・四国・九州

平地~海岸部の草地に見られ、特にイネ科植物の多い所によく見られる.

 

 

 

千葉県市川市大町「大町公園自然観察園」

2010年10月10日撮影

シロオビアワフキ

千葉県市川市大町自然観察園

2011年11月26日撮影

トビイロツノゼミ

ツノゼミ科

 

 

千葉県印西市別所

2011年10月23日撮影

アオバハゴロモ

アオバハゴロモ科

学名:Geisha distinctissima (Walker)

広範囲の植物上で見ることができる.

 

千葉県市川市柏井青少年の森

2011年8月10日撮影

スケバハゴロモ

ハゴロモ科

学名:Euricania fascialis (Walker)

広範囲の植物上で見られる.

 

千葉県市川市大町自然観察園

2011年8月17日撮影

アミガサハゴロモ

ハゴロモ科

 

 

千葉県市川市大町自然観察園

2010年9月29日撮影

ヤツデキジラミ

キジラミ科キジラミ亜科

学名:Cacopsylla fatsiae (Jensen)

寄主植物:ヤツデ


千葉県市川市大町公園・自然観察園

2014年5月28日撮影・雌個体