私の尊敬するナチュラリストは2人います。故・石井信義先生と故・日浦勇先生です。石井先生は私の高校時代のクラブの恩師で、野外に出ることの楽しさを教えていただきました。日浦先生は大阪自然史博物館の学芸員をされていた方で、自然とどのように向き合うかを著書を通じて学ばせていただきました。お二人とも文才があり、スケッチが綺麗で分かりやすいのです。お二人のように上手く表現できるはずもないのですが、私も自然についてコラムを書いてみることにしました。